結局バーボンハウス

みみずくです。

負荷によってソコが変動して、"フレームレートが下がる"とか言うわけだから、
"一秒あたりのループ処理の一間隔"がFPS(フレーム/秒)ってこと・・・
・・・って読んだまんまじゃないか。
という目から鱗事件。

あいかわらずアホの子ですね、みみずく。


1フレーム辺りの自機の移動距離=自機のスピードとなるから、
例えばループ一回で1ドット移動してると意外にスピードが遅い。
1フレームという単位を作る為のカウント処理が必要なんですね。

で、フレームカウント処理を作成してみたまでは良かったものの、
なぜか、思うとおりのタイミングにならない。
試しに、チッチッチッチーンと4拍子で音を出すようなプログラムを作ってみたんですが、どうもだんだんとずれてくるんです。
同時に、ボールが地面にバウンドするというのも作って見ましたが、バウンド自体はするのに、時々地面に数ドットめり込む事があり、地面との当り判定も不安定の様子。

何かが前提から間違っている気がする(´・ω・`)


基礎の基礎たるフレームレート管理ですが、基礎ほど独学では難しいという実例。



というか、ボールのバウンドだけで半日費やす程とかね。
凄いですよね昔の人は。

みみずくでは、アクションゲーム作成なんて遥か雲上の事です。
まずはオーソドックスなシューティングから!
[PR]

by mimibrog | 2009-11-08 21:08 | 徒然と日記  

<< わかったww ねむれないww >>