さぁさぁさぁ

みみずくです。

いよいよ三月も最終週。
5ヶ月続いたデスマーチ(笑)がようやく終焉を迎え・・・るのかな。


今日はそんなブラックなプロジェクトの思い出でも振り返ろうかと思います。。

人間の人格とか尊厳とかを悉く粉砕し、あまつさえ当人はそんな事さえ気にかける余裕がない。
頼れる仲間は、みんな目が死んでる。
この世のものではない微笑み。
悪夢のような無限ループ。
その日中に家に帰れない。土曜が無い。時々日曜も無い。祭日は都市伝説。

これがデスマーチ。


何が問題なのか。どう変えれば改善されるのか。どう行動したらいいのか。
「あの時こうしてればよかった」という話はいつもされているのに、いつだってその時に誰かが既にそう言っているコメディ。
「どうして?」「なぜ?」という発想と、それを解決に導く為の行動は、知恵ある壱ホモサピエンスとして持ち続けてないといけないんじゃないですかね・・・
職場のみんなが、文字通りロボットのように仕事をしています。
その為、誰しもマニュアルのように決められた手順を繰り返し、尚且つ応用問題が解けない。
砂の土台にビルを建てるような作業の日々・・・
壊れていくチームメンバーの皆。。

そういった状況について上流(エラい人)に掛け合っても梨のつぶて。
いつだってチームメンバーには菩薩のように穏やかなみみずくさんが、このときばかりは「こんなんでまともなモノ作れるんですか!?もうやってられませんよくぁwせdrftgyふじこlp」と、噛み噛みでプロパー(請け元の会社)にブチ切れたのも、今となっては良い思い出・・・・でもない。
ホントにね・・・みみずくよりも3つ若い子が、毎日叱責されて目に隈作って・・・もう見てられなかったです。

どこの誰にも事情があって、そんな中で相互に恨みあって構築されているシステム開発業界。
人格や意識が高度に成熟したら、どういう答えを導き出すのでしょうか。
みみずくはそう思うと、誰に何を言う事も出来なくなってしまいます。
口を閉ざし、自分の置かれた立場をわきまえ、静かに与えられた作業をこなすロボットになるしか答えを出す事ができません。


辛い辛いと言われてるこの業界、といってもそれは一部だけです。
って。みみずく、そう思ってました。
しかし、その"一部"は、どうあっても無関係ではいられないようです。



とは言いつつも。罪を憎んで人を憎まず。
普段から煮え湯を飲まされ続けている色んな人々も、仕事抜きで付き合ってみれば意外にいい人も多い。
結局、個人個人の妙な確執みたいなのが一番の癌なんですよね。



さぁ、来週末くらいからは、土日休めるようになるので!!
絵描くぞー!
[PR]

by mimibrog | 2010-03-29 02:06 | 徒然と日記  

<< 春がきた!  のかしら? どこからきてどこへゆく? >>