孤独の価値

みみずくです。

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。
私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。
出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。

なんて、有名な文言がありますけどね。
私ぁ、好きでも嫌いでも無いです。
常々そう思ってきましたし、この文言に出会った時も格別の感動はありませんでしたし。



ときに身を切るような寂しさも悲しさも、それは自分自身を見つめ直す良い機会ですよね。
自分が何を欲しているのか、自分は何に怯えているのか、自分に足りないものが何なのか。
どうすれば克服できるのか、何故そう思うのか、今持ち上げた足をどこへ降ろすのか。
気持ちを抑えず、目を背けずに向かい合う事は大事な事だと思います。

果たして、これを弱さといい、頑なに避け続けるという事は真の弱さだとみみずくは思うのね。



て感じで、備忘。
[PR]

by mimibrog | 2010-05-25 00:03 | 徒然と日記  

<< 耐久年数を過ぎたバッテリーのような びあ >>