ひぐあ

みみずくです。

絵の研究にフィギュアって凄い良さそうです。
ていうか、最近のフィギュアというか、それを作る造型師さんって凄いな!!
女性のふっくらした肉質とか、男性のムキムキ筋肉とか、服や髪とかの質感まで。
凄い、本当に凄い。みみずく大感動。

近頃のアニメ絵は、立体としても破綻してる部分が少ない傾向にあるようではあるんですが、だからって立体化が簡単な訳じゃない筈なんですよ。
そもそも、特に顔とかは人間の頭蓋に収まるパーツ構造をしてないから違和感があるはずなのに、なのにー!

って書きつつ思い出したんですが、そういえば古今東西、子供向けのお人形ってずっとそうだったんだっけ。

・・・

十数年前からすると、トレンドな絵柄って随分変わりましたよねぇ。
"記号"としてデフォルメされていたパーツが、より説得力のある、ちゃんとした人体になっています。
というよりも、区分けの幅が拡がったと思ったほうがいいのかしら?
巨大すぎる眼球の3頭身キャラクターなんかも現役ですしねー。
どっちかというと、リアル寄りの絵柄のほうが好みだったりもするんですが、要は可愛ければ(格好よければ)いいんです!

これから先、ジャパニメーションがどう変化していくのか楽しみですねー。
[PR]

by mimibrog | 2010-07-01 01:27 | 徒然と日記  

<< にゅう ダイアナンA >>