<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

KOEEEEEE(((( ;゚Д゚)))EEEEEEEE!!!

みみずくです。

呪怨、もう予告編だけで震え上がってしまって本編観た事が一回もないみみずくですよ。


でも興味だけはあったりして、新作の「白い老女」「黒い少女」の予告編なんか観たりして。
夜だと寝れなくなるからって、朝観たりなんかして。



激しく後悔wwww
おkwww今夜寝れねぇwwww



なーんなんでしょうね、洋画のグロとか全然平気なのにね。
ジャパニーズホラー、クレイジー過ぎでしょうよ。

・・ダメなんだ、どうしても。
本人でも忘れてる、思い出してはならない何かを思い出しそうで。。。
[PR]

by mimibrog | 2009-06-29 07:31 | 徒然と日記  

どどどどど・・・どらえっもんwwwwww

みみずくです。

釘wwww宮wwww

ぼくらのどらえもんが萌えアニメにwwwナンテコッタ/(^o^)\





親方!空から女の子が降ってきたっ!ってレベルじゃねえぞ!!





Newどらえもん、久しぶりに観たんですが、やっぱり声に違和感が・・・
のぶよ世代・・・かぁ・・・
[PR]

by mimibrog | 2009-06-28 23:25 | 徒然と日記  

はわわわわぁ

みみずくです。

プログラマが絵描きに相手にされない理由

・プログラマは漫画やイラストに興味があるが、
  絵描きはプログラミングに興味が無い
・プログラマは絵描きにコンプレックスを持っているが、
 絵描きはプログラマにコンプレックスを持っていない
・プログラマは絵描きを尊敬しているが、
  絵描きはプログラマに興味が無い
・プログラマは絵描きがいないとエンターテインメントを生み出せないが、
  絵描きはプログラマがいなくても可能である
・有名なプログラマは少ないが、
  有名な絵描きは多い
・プログラマのセンスはプログラマにしか理解されないが,
  絵描きのセンスは広く一般に批評の対象となる
・絵描きは個性的であればあるほど評価されるが,
  プログラマはむしろ没個性的であることが望まれる


なんだってさ(by webプログラム板)


いまやプログラムが本職って言えておかしくない状況のみみずくさん。
っていうかそれでご飯食べてる訳だから。正真正銘の本職なんだなぁ。
ってことで、どちらかというとプログラマ観点で見たほうがしっくり来ちゃいますよねぇ。

プログラム=没個性っていうのは確かに当て嵌まってます。
あとプログラマのセンスについても。

ぶっちゃけ、プログラマなんて誰でもなれるからなぁ。。
いつのまにか没個性を生業にしちまってるとわ・・・世の中ままならないものですねぇ。
[PR]

by mimibrog | 2009-06-28 23:09 | 徒然と日記  

真剣真実

みみずくです。

メディア系専門学校について色々と。


そもそも、モノ作りに興味があり、好きであるならば入学試験等に落ちることはまず無いと思います。
入学すること自体については、ほぼ障害無しと言って良いと思います。

ゲームアニメ系にしても音楽系にしても、学べるのは製作についてのノウハウだけではありません。
プロジェクトの起案企画からリリース→新たなプロジェクトへといったトランザクションの知識、或いはメディアリテラシーにおける発信側の意識などなど、学べる事はとても多いです。
(まぁ普通に講義を聞いてるだけでは、ここまで突っ込んだ部分まで教えてくれる講師は少ないと思いますが)
当然、別職種に転向する場合には、私がそうであったようにとても役に立つ知識です。

更にうまく就職先が見つかれば、好きなことが仕事になるという夢のような将来が待っています。


といった長所が専門学校にはありますね。


しかし同時に、ある意味では物凄くシビアな道でもありますよね。
以下、けっこう脅してますが、悲しいかなゲンジツなのですよね。











専門学校へ進学する場合、かなりの精力的な活動とモチベーションの維持が出来ないと結果は出ない可能性が高いです。
200万、300万といった多額の授業料を払って、先に述べたような知識の習得が出来たとしても、それだけで満足ですか?と問われれば、さて。

学校への入学後は様々な敵が現れます、「熱烈な意欲を持って入学したにも関わらず周囲との温度差or実力差が・・・」とか、「バイトが忙しくてor楽しくて、練習しなくなった」とか、「○○の講義は面白くないから出ない」とか、「担当講師が好きだ嫌いだ」とか。
これが実はかなりの強敵。自分自身がいつの間にか納得させられてしまうという恐ろしい魔術。

また、技術の習得が目的で専門学校への入学を決めるのであれば、近くの上手い人に教えを乞うほうが絶対に良いでしょう。
専門学校のネームバリューや先輩のコネをフル活用して、必ず製作会社に入ってやろうと目論むのであれば入学するのは正解でしょう。

まず2年や3年で技術は身につきません。
況や、そうして身につけたつもりの技術や自信は容易く打ち砕かれるでしょう。
そればかりではなく、モノ作り自体への情熱が失われる危険さえ伴います。

専門学校というのは授業料によって運転資金とし、講師陣の給料や施設費となる、れっきとした営利団体なのであり、法人なのであり、企業です。
「おまいらは高い授業料を払って学びに来ているのであって、私達が"教えてあげる"のではない。」


とまぁ、上で書いたことは、私達の担当講師の受け売りですが事実です。
なにはともあれ、一番一番大事なことは、絶対に後悔だけはしない!という意識をもってやってく、ということに尽きる。

という話。



偉そうな事をつらつら書いてしまいましたが、先達としての精一杯の助言と、激励として受け取って欲しいと願うのでした。
[PR]

by mimibrog | 2009-06-24 01:55 | 徒然と日記  

んぁあん?

みみずくです。

6月21日・・・


・・・(´□`)!



あ゙

1つ歳くってた。


約一週間前に・・・(´□`)・・・アヒャー
[PR]

by mimibrog | 2009-06-21 23:24 | 徒然と日記  

新しい技法を研究ですよ!・・・?

みみずくです。

そろそろイラストにもう一味欲しい今日この頃。

あー、うー、とまぁ色々と描こうとして思った。


技法とかじゃなくて、もっと描き込む練習をしなければっ!!
見る側が受け取る情報量をもっと増やさなければっ!!


絵を見て、気持ちが良いものを作りたい!
[PR]

by mimibrog | 2009-06-21 20:09 | 徒然と日記  

スパートかけるじぇ

みみずくです。

至上かつてない作業の多さに忙殺されておりますが、それも残すところあと一ヶ月ほどとなりました。
今参加中のプロジェクトとは、それでお別れです。
三年は・・・長かったなぁ・・・

来月からは、今までとはまた違った日々です。

こうしてモノ作りをしながら世間を渡り歩くのって、なんか本当に、世界を旅をしているようで素敵ですねぃ!

自分の手と、知識で生きていく。ステキス!
[PR]

by mimibrog | 2009-06-21 16:30 | 徒然と日記  

灯里たんカワユスー!

みみずくです。

アニメARIAをどんどん観てますよ!

ああぁ・・・はぁぁ。良いよー。癒される~。

間のとり方や、BGMや絵まわしが逸品ですーー!!
この世界観、素晴らしいーー!!
もおぉぉぉぉ!!何なんでしょうねぇもぉー!

あぁー、この世界に住みたい!


つーか、歌!!
挿入歌!主題歌!はふぅ・・いいなぁ・・・

全話みるぞー!
[PR]

by mimibrog | 2009-06-16 01:19 | 徒然と日記  

嬉しい発見だよコレ

みみずくです。


ARIAって知ってますか!?

いやぁ、みみずく、そんな作品があるって事すら知らなんだよ。
ニコニコで聴いた主題歌が良い歌だなぁって、ちょいと気になったので観てみたら、コレ。

ちょっと、コレ、面白いよ!おぉいぃぃ!!
毎回毎回どうなってますかね!毎回クライマックス!全話最終回ですか!?
癒されすぎるぅぅぅぅぅ!!!!
[PR]

by mimibrog | 2009-06-14 11:13 | 徒然と日記  

足踏み、前屈み

みみずくです。おりゃー。

「たたかう」と、「にげる」の二択を常に課せられているかのような意識を捨てたい。

そうではなくて、「すすむ」の一択しかないこのリアル。



ただ普通に歩く事と同じなのに、ただ普通に歩くより少し難しい。
足を動かすこと、バランスをとること、前へ歩くこと、ちょこっと意識が必要。
[PR]

by mimibrog | 2009-06-14 09:15 | 徒然と日記